自閉症の特徴・症状

自閉症の症状

自閉症の人には、
(1)対人関係の障害、(2)コミュニケーションの障害、(3)パターン化した興味や活動
という特徴が見られます。

それぞれ、具体的には次のような行動になって現れます。

症状
対人関係の障害
  • 他の人と関わらない、関われない
  • 周囲に無関心
  • 強調や共感ができない
  • 視線を合わせることが出来ない
  • 人の表情や感情を読み取ることが出来ない
  • おとなしく手がかからない、読んでも振り向かない、母子愛着に乏しい
コミュニケーションの障害
  • 言葉が出ない
  • 言葉をオウム返しにする
  • 人称代名詞の逆転
  • 手のひらを自分に向けてバイバイする
  • 身振り手振りの意味が理解できない
  • クレーン現象(※用語集:クレーン現象
パターン化した興味や活動
  • ある限定的な興味、関心が強い
  • 自分のルールを曲げない
  • 体を前後にゆする
  • 手をひらひら、パタパタさせる
  • ぐるぐる回る
  • オモチャ遊びが不自然(車のおもちゃをひっくり返してずっとタイヤを回すなど)

自閉症はいつから分かるか

乳幼児期に、あまりにもおとなしい・手がかからない、親への愛着が乏しい・呼んでも振り向かないなどの症状が見られるようでしたら、1歳半健診で相談してみましょう。
乳幼児期では自閉症かどうかを検査する方法がありません。

当サイトでは、こちらに自閉症診断テストを用意しました。

Copyright© 2017 Infocharge Inc. All Rights Reserved.